今回紹介するのは日吉津にある建売住宅です。

長くなるので2回に分けて紹介します。

P1100638

まずは、外観ですね。

1階はダーク、2階はホワイトのサイディングを使ってモダンチックは外見になっています。


P1100639

少し横から見たらこんな感じです。

屋根は片流れになっています。


P1100696

中に入りまして、玄関です。

玄関にはシューズボックスがついていますよ。

P1100697

玄関の横にはトイレがあります。

床もクッションフロアなので、汚れてもおそうじが楽ですよ。

P1100700

お次は洗面です。

使いやすいシンプルな洗面です。

P1100699

最後にユニットバスです。

こちらも黒と白を基調としたシンプルな空間になっています。

以上で今回紹介をおわります。

次回は各居室やLDKを紹介しますのでお楽しみに。



do_illust_23ハウスドゥのマスコット、ドゥくん★


☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆
≡☆≡☆
本家ハウスドゥ!米子店HP http://www.housedo-yonago.jp/
同 スタッフブログ http://blog.livedoor.jp/housedoyonago/

新規情報などなど、随時更新中!

☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆

今回紹介するのは、前回の続きで基礎工事の様子を書きたいと思います。

 19
前回配筋検査が終わったので、コンクリートの打設工事に移りました。
まずは、底盤の打設を行いました。
この後に立上り部分の型枠を組み、立上りの打設工事を行います。
この時に、アンカーボルトやホールダウンアンカーと言った、土台と基礎を
つなぐ金物をあらかじめ決めた位置に入れます。

 
16

41
 そして、打設及び金物の施工が終わり、型枠をはずしました。
この時に水道屋さんを呼んで、配管の工事をしてもらいます。
また、写真で見えている青いホースが水、赤いホースがお湯を通しますよ。 
水道の配管が終わると、お風呂場や、エコキュートの土間、玄関の土間などを
打設します。
これでしばらく基礎を乾かしたら基礎工事完了となります。

今回の紹介は以上となります。
 


do_illust_23ハウスドゥのマスコット、ドゥくん★


☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆
≡☆≡☆
本家ハウスドゥ!米子店HP http://www.housedo-yonago.jp/
同 スタッフブログ http://blog.livedoor.jp/housedoyonago/

新規情報などなど、随時更新中!

☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆

今回紹介するのは大まかに基礎工事について紹介したいと思います。

 DSC05815
基礎工事を始める前に、土地の周りを仮設ネットなどで囲みます。


DSC05813
他にも仮設水道や仮設電柱を準備し、地盤調査を行います。
この地盤調査というのは、家を建てる土地の地盤がこのまま家を建てても
大丈夫かを調査しますよ。この調査をして問題なければ基礎工事に入ります。
しかし、問題が見つかれば、地盤改良工事を行います。
今回は問題なしだったので、基礎工事に入っていきますよ。

まずは、家の配置を出し、丁張を行い、型枠を組みます。
基礎周りの型枠が組めたら、防蟻シートを貼り、配筋を組んでいきます。
配筋が組めたら水道屋さんに配管を通すためのスリーブを入れてもらいます。
53
これが配筋が組み終わった時の写真です。

そして、ここで一旦日本住宅保証検査機構JIOで配筋検査を受けます。
この配筋検査に適合しないと次の段階には進めないのでしっかりとした
施工が求められます。

30
そして、本日配筋検査を行い、適合しました。
上の写真は検査後に撮ったものです。
写真で見てもらうとわかると思いますが、配筋を組んだ時にできる
四角形が20センチの正方形となっています。
これも検査の一つの基準になっています。

今回の紹介はここまでになります。
次回続きを紹介します。



do_illust_23ハウスドゥのマスコット、ドゥくん★


☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆
≡☆≡☆
本家ハウスドゥ!米子店HP http://www.housedo-yonago.jp/
同 スタッフブログ http://blog.livedoor.jp/housedoyonago/

新規情報などなど、随時更新中!

☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆


↑このページのトップヘ